上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。






帰りに吉井町の古道具屋さん「四月の魚」に立ち寄る。
あのあたりのイメージが変わったのもこのお店の存在が大きいそう。
なだらかな山が連なるそばの、おいしい野菜や果物が身近にある暮らし。
さらに人が人を惹きつけて、いいコミュニティに発展しているようです。

吉井町在住の木工作家、山口和宏さんが作られたカッティングボードと
楽焼のカップ、「野の花」の本を購入。

帰ってから楽焼のカップを作られたのが黒畑日佐代さんという女性で、
家ではお菓子入れの器に使ってる大村剛さんの奥様だということ、
ご夫婦で多治見市(岐阜)から吉井の隣町、浮羽に移り住んで
一緒に作陶されてると知り、手に取ったのも必然だったのかなと思ったり。
思わずじーっと眺めていたくなる道具(モノ)に囲まれた、静かで温かい空間でした。

Fukuoka 051 (2)
Fukuoka 055 (2)
Fukuoka 056 (2)

色んな庭先でひときわ背高で目についた皇帝ダリア。空に向かってぐんぐん伸びる
力強さとは対照的に、薄紫色の花が可憐な印象で秋の空によく映えてました。
Fukuoka 065 (2)
スポンサーサイト






11月中にonzeさんとのんびり銀座で過ごしたある日のこと。
マロニエ通り店のスタバ(広々した空間に、平日午前中は人もまばらで
待ち合わせにいいですね~)にてひとしきり最近のキムジョン話でアツくなり、
ランチの時間まで近くのお店をちょろっとのぞいてみたり。

その中で待ち合わせへ向かう途中に見かけ、店頭の雰囲気からして
素敵だなと気になっていた「野の花 司」さんに改めて立ち寄ってみることに。
最近ゴージャスでいろとりどりのお花よりむしろ、さりげない佇まいながら
力強さの感じられる野花に惹かれることもあり、好みに沿うお花や木々が
ディスプレイされてる様はずっと見ていても飽きません。
2階には一息つける茶房と展示スペースがあり、この時はちょうど
須藤吉徳さんの「銅の花器」展が行われていました。銅の質感が可憐な野花と
しっくり合っていて、清々しい印象。以前からほしいと思っていたすっきりしたカタチの
銅製の一輪挿しをお買い上げ。十月桜の枝と一緒に包んでくださいました。

ginza 002 (2)

茶房でお出しするランチ用かな??むかごがたくさん。
ginza 001 (2)







ヨーロッパの熱海、モナコからのお土産は
Chocolaterie de Monaco のチョコレート。クラウン型のも可愛くて美味しい。
Oct2008 018 (2)
Oct2008 021 (2)

ユーロ安いからシャネルのバレエシューズを!プリーズ!と何度も唱えていたけど
「いつ行っても店が閉まってた」とすっとぼけられ、
もう一回食べたいって言ってたでしょ、と↑を渡された。






日本への帰任が決まった時に、お買いもの師匠のSちゃんに「もう買ってる?」
と聞かれたのが、①カシウェアのブランケット、ローブに②All-Cladの鍋、フライパン。
All-Cladは向こうだとネットで数点セットで買うと非常にお得ではあります。けど我が家には
WMFとルクの鍋が既にあるし、収納に困るだろうな~と当初見送るつもりだったのに。
日本で未発売、あっても結構なお値段になってたりするので後々買っておいて
損はないかな~と単品で2点購入しました。種類や在庫、価格の面でもコチラがお勧め。
ソースパン(1.5 Qt)/ フライパン(8" )
機能性抜群で、買って大正解!
このめんどくさがりの私がせっせと磨くくらいの惚れ込みようです♪
All-clad1.jpg
右側にかかってる大きいほうのフライパンはルクの。

Cuisinartの小さなフープロも買っといて良かったもの。

67_full.jpg

もうひとつエレクターが届いたら次はミキサーだ!






実家に泊まって、翌朝東京から到着するキウイを空港まで迎えに。
石垣島ラー油を求めて「わした」に寄るがやっぱりなかった。

朝ごはん@喫茶店「風街」。昔から、近くにあるモントレー(名前変わったはず)にステイしては
朝ごはんはここ、という感じで。オシャレ系でも何でもないけど妙に落ち着きます。
※週末の朝の時間帯が空いてておススメ

diary 007 (2)

伊勢丹でCASIO×greenのG-SHOCKの現物見たら自分には似合わなさそうだったので
やめたのだけど。そばにディスプレイされてた25周年限定モデルのグレースケルトン素材が
可愛くてリーズナブルだったので、キウイにお土産として買って帰った。
止め具のとこ(裏)の色がゴールドなのが可愛くて、ちょいちょい私も使ってます。

diary 013 (2)

VIOROの前で配ってためんたい味のうまい棒。






お茶(ほうじ茶、玄米茶、玉露かりがね)
お土産 015 (2)

金平糖(ブルーベリー、トマト)
とっても香りの良いブルーベリー。当月限定トマトは冷やすと美味しいんだそう。
お土産 027 (2)

小皿に入れて置いておくと香りが部屋にほんのり。
お土産 031 (2)

鍵善良房の菊寿糖(和三盆)
お土産 044 (2)


原了郭の黒七味・粉山椒
お土産 041 (2)

はれまのちりめん山椒
箱入りが売り切れだったのでパック売りのものを。
甘さのないしっかりした味付けなので、山椒好きにはたまりません。
大根の葉と炒めてごはんに混ぜ込んでも美味しい。
はれま 002 (2)

サヴォン・ド・タワラヤ@ギャラリー遊形
お土産用に。
お土産 024 (2)

菊一文字の爪きり
趣味:チクチクすること、とかだったら糸切バサミもほしいとこでしたけど。あいにく
ボタン付けがやっとですので・・。爪きり(直線)はキウイに。私も使っちゃうけど、、
どうしてもめんどくさくてパチンパチン切って毎度サロンで怒られる。
お土産 009 (3)

内藤商店のほうき
ちょこっと使いに便利。
お土産 033 (2)

有次のお玉
キウイ実家で関東炊き(あの辺ではしょうが醤油でいただく、美味しい。)作るのに使ってたのが
こちらのお玉で。いいなと思ってたら、梅田の阪急立ち寄った時に同じもの見つけて購入。
なので錦小路で買ったものではありません、、キッチン道具は①使い勝手のよさ
②シンプルなデザイン③洗いやすいかどうかが判断基準。①②満たしてても
ちょっと洗いづらそうだなと思ったらやめときます。菜箸は平らの面があると使いやすい。
お土産 036 (2)

開化堂の茶筒(左/右)
どちらもブリキ製。取込盆用120g/平型400g
お土産 020 (2)

400gより大きい容量の取っ手付缶は陳列されてたけど、
平型400gに取っ手のついたタイプはありませんか?と尋ねると
すぐできますよ、と隣の作業場で取っ手をつけてきて下さって
それぞれの茶筒用に、と名入りの茶さじをいただきました。
彫りが目立つと思ったので茶さじは銅製に。
(口止中フタの取っ手に合わせて真鍮っていうのも可愛いくて迷った) 
名前といわれて、私よりお茶星人のキウイの名前を入れてもらった。もうひとつは名字で。
ご主人に「女性のお客さんはみんな自分の名前入れてくのに珍しいねぇ」と笑われました。

お土産 022 (2)






171393.jpg

以前から日本の友人に頼まれてたDEAN&DELUCAのトートバッグ。
最近また店頭に出てるのでようやく必要分確保できました。

20071208100804.jpg

ネットでも注文できるけど、送料がバカにならないので店頭で購入した方がお得!
kate spadeのトートバッグみたいにしっかりしたキャンバス地です。
トリミングがポイントになっててカワイイ。中は黄色×黒のボーダーで
NYと言えば、の「Yellow Taxicab」をイメージしてるんだとか。
(↑写真は、MとS。Lは1泊分の荷物もラクラク入る大きさ。)
379610.jpg

我が家の帰任が近いから、と出張者が日本の携帯電話のパンフレットを持ってきてくれた。
日本の携帯機種のバラエティの豊富さってやっぱりスゴイ!
こっちは圧倒的にチョイスは限られてるので・・

色んな機能もさっぱり使いこなせる気がしないので

・通話が出来る
・簡単なメールが出来る
・海外で使える

であれば何でもいい、
とキウイに伝えると「ごろうにぴったりの携帯があるじゃない」と
「らくらくほん」のページを指差してた。(海外で使える、の項目は無視されたらしい)
しかし、本当にそんなでいいかもしれません。

ちょっと前にバレエのお友達のブログで「orz」の意味について
書いてあってソレが絵文字であると初めて知ったし!
「お・る・・ず?」で勝手に「おつかれさまです」の略だと思ってました。







| HOME | Next


Design by mi104c.
Copyright © 2017 ハミングバード, All rights reserved.




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。