上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。






20110223002 (33)
スポンサーサイト






「小野哲平 作陶展」 @桃居

一日あちらこちらと動き回って事務所に戻り作業・・黙々仕事しつつもどうにも気になって
仕方なく・・強引に切り上げ、最終日前日に滑り込み。行ってみるとこれまたすごい充実度!!! 
来てよかった~と心から思いつつ、今までになく種類が!数が!あり過ぎて「え、選べない・・」
+不況がお財布を直撃してるし、ってことでこの日はクロスモチーフのスクエア皿のみ購入。
以前からほしいほしいと思ってた素朴で温かみのあるお茶碗や大鉢もたくさんあったけれど、
あせらず機会を大事にしながらひとつずつ集めていくのもいいですよね。(と自分に言い聞かせる)

utsuwa 021







「花月窯 志村睦彦 宮岡麻衣子 二人展」 @千鳥

志村さんの三島茶碗 
utsuwa 004 (2)







料理上手な人のブログを見ても「お~素晴らしい~」と感心するだけで
やる気を自分に還元できないのですが。実家で介護をしていく過程で
慣れない料理を始めた父の姿を見てたら、私なんてこんな身軽な状態なのに
仕事で疲れた~だのブーブー言ってる場合じゃないよなぁ、と反省。
簡単でもいいから野菜メインにささっと作るよう今一度心掛け中です。

実家から帰ってきた日、さっそく冷蔵庫にあるもので作ったのがコチラ。
ごはんを炊く以外、20分で出来上がり!の簡単メニューです。

・かぶの鶏そぼろ煮・・・かぶの葉、茎はさっと熱湯に通しておいて最後に散らしてます。
・れんこんとにんじんの甘酢炒め・・・超簡単で美味しい。お弁当のおかずにもよいし。
・水菜とツナのサラダ・・・この間友人の家で教えてもらったドレッシング、
               マヨ少ーしにポン酢、ごま油少々を混ぜるだけ。
・かぶの甘酢漬け ・しいたけとえのきと油揚げとキャベツの味噌汁
・十穀米ごはん ・稚加栄の明太子(切子) ・吉野の嘉兵衛番茶

utsuwa 008 (2)







ここのところ仕事行くときはお弁当作って持って行ってるので、
家ごはんのメニューはそれ向きなのが多いです。
時間ある時にまとめて作って保存がわりときくものとか。
ダンナのために作らなきゃいけないと思うと何かめんどくさくなりそうだけど、
自分のために好きなように作って適当に詰めるだけなので気分的にラク。
お弁当作りの、作った料理をこう無駄なく消費してる感じと
味がいかようにも自分の好みで調節できる点がいい。

出張行きっぱなしだと思ってたキウイがひょこっと帰ってきた時のごはん。
・茄子の揚げびたし・さつまいもの甘煮
(蕎麦猪口に入ってる右から)
・じゃことセロリのきんぴら・いちじくのごまクリームかけ・もずく酢
・たまむら豆腐(大白)
・小アジの南蛮漬け
・ナスとささみのザーサイ蒸し
・味噌汁と十穀米ごはん

Sep16 003 (2)







基本的に留守がち&帰りの遅いキウイですが、
最近は暑くてしんどいからか幾分帰宅時間が早い日もあったりして。
私が最近豆に凝ってるので毎回豆を出し続けてたら、さすがに肉が食べたいと言い出した。
ハンバーグにししとう、舞茸、茄子、パプリカを素揚げしたの添える予定だったけど
帰宅が10時過ぎるとわかった瞬間、省くことに決定。(翌日の素麺の具に持ち越し)
申し訳程度にミョウガの千切りだけ添えて、大根おろしとポン酢醤油で。

・和風ハンバーグ
・ナムル3種(もやし、ニンジン、ホウレン草)
・わけぎ、わかめ、トマトの粒マスタード和え
・もずく
・十穀米ごはん
・なめこ、油揚げ、豆腐のお味噌汁

0716e.jpg

「わけぎ、わかめ、トマトの粒マスタード和え」は ELLE à Tableのレシピから。
○材料
わけぎ --------1/2束
わかめ --------適当
甘めのトマト-------適当
<和え衣>白みそ 大3/砂糖 大1/酒 50cc/練りゴマ 小1
       粒マスタード 大1/2/酢 大1
○作り方
 和え衣を作る。和え衣の粒マスタード、酢以外の材料を小鍋に入れ、弱火にかけて
  木ベラで5分ほど練る。冷めたら粒マスタードと酢を加えよく混ぜる。
 わけぎは塩少々を加えた熱湯でさっとゆで、ざるにあげる。粗熱が取れたら、根元から
  葉先にむかって手のひらでしごき、ぬめりを取り除いて3cm長さに切る。わかめも同じ
  くらいの長さに、トマトは食べやすい大きさに切る。
 のわけぎ、わかめ、トマトをボウルに入れ、1の和え衣で和える。

 和え衣が美味しいので色々応用できそうです。器は宮岡さんの。
0716n.jpg







東京に戻る日、帰り便まで時間があったので姪浜のうつわ屋「frangipani」さんへ。
小雨が降ったり止んだりの日曜の午後、お店は何だかとっても緩やかな雰囲気。

美味しいコーヒーをいただきながら、のんびりとうつわ達を見せてもらう。
ディスプレイの仕方もとても素敵です。
diary 046 (2)diary 051 (2)

diary 073 (2)diary 062 (2)

diary 079 (2)

diary 070 (2)

滞在時間はそんなに長くはなかったのだけど、
気に入ったうつわを購入できた喜び以上に、心地よい空間で
過ごせたひとときが何より嬉しい思い出になりました。

そして東京に戻った数日後、お店からハガキが届く。
丁寧で、心温まる文面。いわゆるDMとの違いって何だろうと考えると
やっぱり「気持ち」が感じられるかどうかなんではないかなぁ。
ご自分達で取り扱ってらっしゃる作家さんのうつわ達、そこから
生まれる人と人とのつながりを大事にされていることが伝わってきます。

それとは別の日。
バレエのレッスンにバタバタ向かう途中、ついでにゴミも出しちゃおうと
袋をかついで階下に降りると。ロビーで拭き掃除中だった掃除のおばちゃんが
「ゴミ?出しておくわよ」ってニコニコしながら言ってくれる。
すぐそこなんで大丈夫です、と断っても「いいからいいから」とさっと引き取って
「気をつけていってらっしゃいね」とにっこり送り出してくれて。
天気の悪い中、いつもと変わらず丁寧に掃除してるだけでも尊敬するところなのに、
完全におばちゃんの笑顔にやられてしまいました。

どちらも当人は意識してない些細なことなんだけども。
だからこそ爽やかに、響いてきた最近の嬉しい出来事でした。

我が身を振り返るとなかなかそんな風には行動できてない、と反省。
余裕がないし、特に近いとこにいる家族に対してはチンピラみたいな悪態ばかりついてるし、、、
いかんせんまだまだ未熟です。

@久留米/広瀬食堂が日曜でお休みだったのでかわりに大砲の本店へ。
とんこつと言えば久留米、の地元民。
diary 044 (2)







| HOME | Next


Design by mi104c.
Copyright © 2017 ハミングバード, All rights reserved.




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。