上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。






b183771.jpg
b183772.jpg

「そして、私たちは愛に帰る」★★★

監督/脚本:ファティ・アキン 撮影:ライナー・クラウスマン 音楽:シャンテル
出演 バーキ・ダヴラク、ハンナ・シグラ、ヌルセル・キョセ、トゥンジェル・クルティズ、
    ヌルギュル・イェシルチャイ、パトリシア・ジオクロースカ

今年度観た中で、個人的にベストと思えた映画!
物語全体は一本の糸でつながってることを示唆しながら時に絡まったり。
ついえそうになったり。3組の親子、それぞれの関係性が次々に交錯していきます。
断ち切れない家族の絆と希望、ラストも良かった。

魅力的な出演者達の中でも、母親役を演じるハンナ・シグラが素晴らしかった。
そして、キャストに加えて魅せてくれたのがイスタンブールの風景。
「Once」でダブリンの街が作品全体のトーンに大事な要素を加えていたように
都市の持つキャラクターがすごく影響していました。

文化的な背景やヨーロッパで生活するイスラム移民のアイデンティティの問題、少なくとも
会話をする時のドイツ語かトルコ語かの違い、英語で喋るシチュエーションを汲み取れれば
微妙な心情も納得しやすいと思います。

ファティ・アキン監督は、NYを舞台にした13人の監督によるオムニバス映画
(「パリ、ジュテーム」のNY版)「New York, I Love You 」(2008)にも参加してるそうです。

スポンサーサイト






thumbnail (2)

お松さんはとにかく声が綺麗。凛として清々しくて!
昔、親戚のお姉ちゃんが女の子を産んだ時、
「松たか子ちゃんみたいな女の子になってほしいの♡」と言ってて
「ふ~ん、そんなもんかね」と思ったりしましたが。
確かに舞台上での彼女の存在感は素晴らしいですねー!!!!
もちろんりえちゃんも美しく、素敵な女優さんなのですが
連日の公演で声がつぶれ少々辛そうだったかも。(←野田さんも)
図らずも低音なのは役どころに合ってたけど。
ふたりの長台詞の掛け合いはさすがの迫力があったし
場面のスイッチも巧く、効果的だった。

そして豪華俳優陣の演技以上に目が離せなかったのが、色々試しながら
作り込んでいったんだろうなぁと感じたパイパー達のとても柔軟な動き。
作品上での役割も、なぜパイパーが出現したのか、パイパーがどのように変化
していったのか(これも結局パイパーが変わったのではなく、人間のエゴや
身勝手さが引き起こした事態)など、物語の本質に通じるところがあった。
パイパーの動きを観る為だけでも、もう一度劇場に行きたい!

学生時代に「地球人と火星人」という作品を振付けし、部員全員(40人くらい)で
踊ったことがあったので、アンサンブルの揃った動きと大人数での迫力が
自分の記憶とだぶるところがあって、妙に懐かしい気持ちに。

近藤さん(コンドルズ)みたいな人は、火星に行っても実際にお饅頭作りをしながら
楽しく踊ってそう。何にもとらわれず自由でいられる発想の豊かさ、大切なものが
内にある人はどこに行っても揺るがないと思うので。
「人間の掟」
←ELLE ON LINEのブログ

私が火星に持ってくとしたら。
一番はダンナ。やっぱり色んな場所で色んなもの一緒に見て、感じてきた相手だから。
目の前の風景を「火星って意外に昔行った○○に似てるね」とか言い合えたら嬉しい。
3つまでOKだったら、プラス耳かきと何か甘いもの。







JAN2009 019 (2)
(A&Sのシャツ/VERONIQUE BRANQUINHOのムササビみたいなトップス)

JAN2009 026 (2)
(アパルトモンのシャツワンピ)

onzeさんがARTS&SCIENCEのSALE情報をメールしてくれてたので
関西から戻った翌日に青山→丸の内、と効率良くお出掛け
仕事用に購入したシャツワンピは今期、サルティのストール以外唯一のチェックアイテム、
切り替え下の部分が柔らかいジャージ素材なので自然に上げてデニムと合わせる率高し。
あとはScyeのサルエルっぽい形のパンツと、SALEで「Ines et Marechal」のファーコートを購入。
デザインがラグジュアリー過ぎずデニムとの相性も良いので気に入ってます。







JAN2009 011 (2)

滞在中に旦那さんが岡山出身のお友達に「おすすめあったら教えて下さい~」
とメールしたら「ダンナに聞いたら『後楽園、少し足を伸ばして、倉敷か瀬戸大橋、・・・以上。
ちなみに岡山のイケてるデパートは高島屋より天満屋』だそう」と、
地元愛溢れるコメントが戻ってきた(笑)
しかしまんまと早起きできずに後楽園も美観地区にも行けずじまい・・
お庭が自慢のお家に招かれて、庭も見ずに帰ってくるくらい何とも失礼な話なので
いつか季節の良い頃に再訪できたらいいなと思います。







岡山遠征の目的、ギエムはやっぱりすごかった
彼女のボレロを間近に見られて、本当に心が震えました!
(音がイマイチだったり、ガチャガチャ物を落としたりする人がいて
気がそがれる部分もあったりしたのだけど)
緊張感ある空気のうねりと高揚に大興奮、あっという間の15分。
踊ることが「使命」なんだと感じさせるダンサーの中でも、彼女はやっぱり特別ですね。

JR岡山駅直結のANAホテルに宿泊し、翌日2時間ほどフリーだったので
問屋町のJohnbull(ジョンブル)を覗いてみることに。
春の新作デニムのルーズタイプと迷ったけど、仕事で動き回る用に最適な
サスペンダー付ワークパンツを購入。
スタッフの女の子が可愛くてとても感じが良かったです。
午後の日差しが射し込んで、ミシンを動かす作業もとても温かい光景に見えた。
JAN2009 001 (2)







JAN2009 017 (2)

土日は巣鴨のろう学校でマイムのWSを実施しました。
講師は小野寺さんとももこんさん。
舞台上で素晴らしいパフォーマンスを繰り広げるおふたりがどのように
子供達にアプローチし、リードしていくかとても興味のあるところでして。







Sylvie Guillem
ridi450 (2)

ギエム見たさに岡山へ!→シルヴィ・ギエム&東京バレエ団<ベジャール・ガラ>
翌日は「奇才コルプの世界」
年明けも土日連休返上で雑務に追われ・・よれよれだったけど
報われるーーーしっかり目に焼きつけてこようと思います。








| HOME | Next


Design by mi104c.
Copyright © 2009 ハミングバード, All rights reserved.




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。