上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。






友人夫妻と。お酒大好きなご夫婦なので、美味しいワインとボリュームたっぷりな
アメリカン料理を楽しみました。明らかにこの時期は食べすぎ、飲みすぎです。
ちなみにビーフが有名なんですけど、私は28-Day Dry-Aged Sirloinを頂きましたが
甘さが気になって個人的にはイマイチでした。味でいえば、チキンの方が好みだった。
店内の雰囲気もスタッフのサービスもとてもよかったので、何人かで利用するのには
いいのではないでしょうか。付け合せなども色々自分達で選んで、コースを
組み立てられます。気がつくと結構なお値段いっちゃってるのが玉にキズですが。

craft お店のHPはコチラ
PERU2 120 (2)

PERU2 121 (2)

PERU2 123 (2)
お店を出るときにお土産で頂いたアップルサイダーのマフィンも美味しかった♪

==================================

結局2007年のシーズン中は3度観に行くことができたアルビン・エイリー。
私の中では一番最初に観た時の感動もあってかHOPE BOYKINやRENEE ROBINSON等、
踊りの上手さはもちろん、観客をハッピーな気持ちにさせてくれる女性ダンサー達が大好きです。
彼女達を通してアフリカンアメリカンのルーツを感じさせるステージにぐいぐい引き込まれる訳で。
しかし、Dec.21のプログラムでラストを飾ったのは「FLOWERS」。(当日順番に変更アリ)
メインはGWYNENN TAYLOR JONESというベルリン出身の女性ダンサー。
カンパニーでは黒人ダンサーがほとんどなので珍しいですよね。
とは言え彼女はスタイルもダンスも美しく、表現力もあってハマリ役でした。
一緒に踊る男性ダンサー達の素晴らしさはもちろん(←本当にカッコイイ!!)、
ストーリーもわかりやすくてモダンの良さを存分に味わえる作品だと思います。ラストが印象的。

PERU2 116 (2)





















管理者にだけ表示を許可する



| HOME |


Design by mi104c.
Copyright © 2017 ハミングバード, All rights reserved.




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。