上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。






実家で同居してる父方の祖母が体調を崩し、寝たきりが続いてると聞いて
心配だったのが、今回帰省した一番の理由。頭はしっかりしてるし、昔から
プライドがとても高い祖母なのでデイケアに週1~2回行くのさえ嫌がります。
両親が交替で看ているような状況だったので、私がいる時くらいふたり揃って
外出してもらおうと、滞在中は殆ど家で祖母とのんびり留守番してました。
そんな訳であまり色んなとこに出歩くこともできなかったのだけど
最終日、フライト前に立ち寄りたかったお店がふたつ。
ひとつ目は東京に戻る前にもう一度訪れたかった「ジャック」へ。

迷いに迷って、フォレノアールとシブースト・オ・ポンヌ。(←マロンロワイヤルも捨て難かった!)
Fukuoka 077 (2)

この味の感覚を留めたくて、当分他のケーキは要らんわ,,.とさえ思えたよ。
Fukuoka 081 (2)



ふたつめは姪浜のうつわ屋さん「frangipani」さんへ。
前回同様、この日も午後は小雨がぱらついてました。
お店に伺うとオーナーご夫婦が可愛いお子さんと一緒に、雑誌の取材で撮影中。
プレママや子育てママを応援する無料配布の雑誌「Happy Angel」の編集長の方がいらしてました。
よくある分厚い子育て系雑誌は情報量が多すぎてとても読む気になれないのだけど、
こちらは薄~い冊子ながら私でも面白いと思える記事があったりで、なかなか興味深かったです。

今回は、以前にもコチラで購入させていただいた川口武亮さんの輪花カップと花瓶を持ち帰り。
可愛らしい雰囲気の器の印象で勝手に女性の作家さんだと思っていたら違ってました。

こちらも気になったポットとカップ。福島在住の江原法雄さんが作られたものだそうです。
Fukuoka 082 (2)
Fukuoka 083 (2)







川口武亮さんって有田焼の作家さんだよね?
まだ独立されてから数年しか経ってないらしいのに、その完成度の高さにホレボレ。
でもいつもネットで見てはいいなーと思うばかりで実物みたことないんだ!
↑の写真にのってるポットも可愛いね!器って飽きないし、いいよねー

うちは旦那の実家も焼き物の里の近くなの。帰るたび器みにいっては楽しんでるよん。オトノハの器も素敵じゃなかった??
【2008/12/05 00:27】 URL | makio #-[ 編集]
そうそうe-68有田の作家さんだよー♪
年もあまり違わないんだよね。へ~若いと思ったんだけど
実際自分も結構な年になってることを忘れてた・・(笑
担い手としてやってくには十分熟した年齢なんだよなぁと
そんなことを感じてみたり。
私はコレクターでも知識もないけど、旅先やお気に入りの
お店での器との出会いってやっぱり嬉しいもんだよね!

実家の近くとか何かしら自分の環境とリンクする
ものには一層愛着が沸いたりするよねー!!
オトノハ、可愛かったよe-53
特製おせちの作家さんのものもとっても素敵だったけど
通常のお店で出してる読谷村のお皿とか、
雰囲気合ってていいなぁと思ったよe-68
【2008/12/06 23:51】 URL | ぐり #-[ 編集]














管理者にだけ表示を許可する



| HOME |


Design by mi104c.
Copyright © 2017 ハミングバード, All rights reserved.




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。