上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。






thumbnail (2)

お松さんはとにかく声が綺麗。凛として清々しくて!
昔、親戚のお姉ちゃんが女の子を産んだ時、
「松たか子ちゃんみたいな女の子になってほしいの♡」と言ってて
「ふ~ん、そんなもんかね」と思ったりしましたが。
確かに舞台上での彼女の存在感は素晴らしいですねー!!!!
もちろんりえちゃんも美しく、素敵な女優さんなのですが
連日の公演で声がつぶれ少々辛そうだったかも。(←野田さんも)
図らずも低音なのは役どころに合ってたけど。
ふたりの長台詞の掛け合いはさすがの迫力があったし
場面のスイッチも巧く、効果的だった。

そして豪華俳優陣の演技以上に目が離せなかったのが、色々試しながら
作り込んでいったんだろうなぁと感じたパイパー達のとても柔軟な動き。
作品上での役割も、なぜパイパーが出現したのか、パイパーがどのように変化
していったのか(これも結局パイパーが変わったのではなく、人間のエゴや
身勝手さが引き起こした事態)など、物語の本質に通じるところがあった。
パイパーの動きを観る為だけでも、もう一度劇場に行きたい!

学生時代に「地球人と火星人」という作品を振付けし、部員全員(40人くらい)で
踊ったことがあったので、アンサンブルの揃った動きと大人数での迫力が
自分の記憶とだぶるところがあって、妙に懐かしい気持ちに。

近藤さん(コンドルズ)みたいな人は、火星に行っても実際にお饅頭作りをしながら
楽しく踊ってそう。何にもとらわれず自由でいられる発想の豊かさ、大切なものが
内にある人はどこに行っても揺るがないと思うので。
「人間の掟」
←ELLE ON LINEのブログ

私が火星に持ってくとしたら。
一番はダンナ。やっぱり色んな場所で色んなもの一緒に見て、感じてきた相手だから。
目の前の風景を「火星って意外に昔行った○○に似てるね」とか言い合えたら嬉しい。
3つまでOKだったら、プラス耳かきと何か甘いもの。



「パイパー」鑑賞後にごはん。風邪治りかけということもあって
とっとと渋谷を離れ、三茶の「阿川」さんへ。
246からちょいと脇に入った落ち着いた場所にあります。
遅くまで営業してて、店員さんも感じ良いし、
美味しい和食がいただけるのでとても使い勝手の良いお店。

しかし、わりとこぢんまりした店内。この時は周囲のお客さんが100%
SMOKINGだったのでまともにタバコの煙にまみれることになり・・
昔仕事してた時吸ってたのでSMOKING=やめれ!! とも勿論思わず
吸いたい人は好きにすればいい、との考えなのですが。ここみたいに、
せっかくきちんと美味しいごはんをいただけるとこであの状況は勿体無い!
服にも髪にも匂いがついて時間がたっても全然消えないオエー。
自分が吸ってる時はなかなかそこまで思い至らなかったのだけど
関係ない周りの人を不快な気持ちにさせることに関して鈍感だったっていう、
その気持ちのあり方が今更ながら恥ずかしーわい、、、

〆鯖と白菜のゴマ味噌和え
JAN3009 001 (2)
JAN3009 003 (2)

他、どのお料理も◎。里芋のコロッケは想像を裏切る上品な味、
ここを教えてくれた友人によると春にはふきのとうのコロッケが
お勧めだそうです。付け合せの菜の花のお浸しも美味しかった。
器も可愛い。梅酒のお湯割、すっきりしてて美味。





















管理者にだけ表示を許可する



| HOME |


Design by mi104c.
Copyright © 2017 ハミングバード, All rights reserved.




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。