上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。






MAY302009 025 (3)

DOSAは店内の雰囲気、フレンドリーなスタッフさん達など、好きな要素が詰まっている場所。
生地にこだわりのあるウェアの数々を前に、色々見て試着して、迷う~
中国シルクやインドのコットンなど、それぞれの生地の持つ風合いが生かされてるデザインばかり。
リバティコットンのドレスにスペインのヴィンテージレースがぶりぶりついてるのもとても可愛かった!
↓私が選んだのはネイビーがかった墨色のリバティ柄。切り替えもあったり、着るととてもキレイ♪
これと同柄のキャミソールもあって、そちらも非常に迷いました。
直前に友人に頼まれてたmatta(コーラル)のストールを購入する為、路面店に立ち寄って。
ついでに自分も、なんて思っていたけど。日本で試した時にも思ったが私の性格上
どうもポンポンがじゃまくさくなりそうで・・。似合う可愛らしい女の子に憧れつつ諦めて、代わりに
DOSAでオリジナルのストールを。柔らかな生地、ふちのシルバーラインがポイントになっていい感じ。

MAY302009 023 (4)

リバーシブル側の生地もとっても可愛くて気に入ってます。
MAY302009 030 (2)



Springの駅のホームに女の子がぽつんと座ってて、ふとした瞬間に歌い出した。
耳に入ってすぐに自分の好みだなぁと思いました。(どうやら私はちょっとはみ出た感じの
存在感のあるヒトやモノに条件反射的に惹かれるようです。上手なだけきれいなだけじゃ
ない面白いと感じる「何か」が自分の心のひだひだを動かしてるんだろうな。
5月にラ ダンス コントラステの「ルフレ」で伊藤さよ子さんの踊りを観た時にもそう思った。)
華奢な体、シンディ・ローパーみたいな癖のある声で歌う「Stand by me」がホームに響く。
ギャラリーを意識することもなく、愛想もなく、ただ歌いたいから歌ってるという佇まい。
多分ヨーロッパの観光客のおじさんだと思うけど、彼女が歌ってる最中に
写真撮ったみたいで、その時困ったようにでもきっぱりと写真は撮らないで、と一言。
ホームで電車を待っているとじわーっと涙腺がゆるんだ。
感じないようにしてるもう住んでいないことへの寂しさが彼女の歌声に反応したのか。
街中でのこんな風景や、見ず知らずの人のちょっとした優しさに触れる時に
やっぱりNYが大好きだなぁと思うのです。





























管理者にだけ表示を許可する



| HOME |


Design by mi104c.
Copyright © 2017 ハミングバード, All rights reserved.




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。