上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。






「It's a Wonderful Life」 (1946)
Its a wonderful life

USでクリスマスの映画と言えば・・ということで、この時期DVDのレンタルショップに並びます。
作品中に出てくるSecond classの天使、Clarenceのユーモラスな会話にのぞく優しさ。
Georgeの奥さんの芯の強さや家族への愛情、子供たちの可愛らしさに心が温まります。

「A Midnight Clear 」(1992)
midnight clear1
midnight clear2

こちらもクリスマスの時期にフィルムのクラスで観て、印象的だった一本。
反戦映画なのだけど、全体を通して美しい自然など静かで厳かな場面や
ドイツ兵が歌うクリスマスソングのシーン→が心に残る。若者達の葛藤含めて静かに、
だけどしっかりと気持ちに訴えてくる良い映画だと思います。話のキーパーソンとなる
「マザー」役をCSI:NYでお馴染のゲイリー・シニーズが好演。イーサンも若い!



こちらはクリスマスとは関係ないけど、最近観た中から。
「John and Mary 」(1969)
JOHNMARY.jpg

冬のマンハッタンを舞台に男女(ダスティン・ホフマン&ミア・ファロー)が偶然出会う。
セントラル・パークの貯水池や通ってたテニスコートが出てきて懐かしかったです^^
淡々と展開していくストーリーながら、何気ない会話のやり取り(朝食の時とか)が結構好き。
彼が彼女のために作ってあげる昼食では、ふわふわに焼きあがるスフレがもう!
ワインとお肉と美味しそうに食べてて、寒い季節にぴったりの絵でありました。
レース襟のワンピースやざっくりしたマフラーのぐるぐる巻き、ニット帽など。
ミア・ファローの格好やメイクが可愛い♥と思ったら、「ローズマリーの赤ちゃん」
と同じ人が衣装を担当したとわかって納得。





















管理者にだけ表示を許可する



| HOME |


Design by mi104c.
Copyright © 2017 ハミングバード, All rights reserved.




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。