上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。






lausannegalaA.jpg

mikaちゃんをお誘いして行ってきました。
過去ローザンヌコンクールにおいて受賞経験があり、現在国内外で素晴らしい活躍を見せている
日本のトップダンサー達が集うスペシャルな舞台とあって、非常に楽しみにしていたローザンヌ・ガラ。

09・10年度のコンクール出場者達によるオープニング→今年スカラシップを受賞した佐々木万璃子さんによる「ラ・バヤデール」のヴァリエーション、とフレッシュで若々しい魅力が舞台いっぱいに広がっていました。そして、現在活躍しているダンサー達のパフォーマンス。それぞれの個性が打ち出され、力強くしなやかで。瞬時に空気を変える存在感はさすがです。若いダンサー達もこんな風に成熟していくのだと思うと感慨深く、今後が楽しみですね。

久しぶりに観たABTのYurikoさん。Yurikoさんの踊りはコンテ作品であったり、力強くテンポの速い作品を観ることが続いていたので。今回はお花のように可憐で軽やか、柔らかくブレのない動きに見惚れてしまいました。個人的に大好きな中村恩恵さん×首藤さんの舞台は、作り出される空気感・深い表現力が本当に素晴らしく、圧倒される。荒井祐子さんのロミジュリのパ・ド・ドゥ、バルコニーのシーンだけなのに観客を惹きつける儚げで繊細な踊り。そして、SHOKOさんペアの舞台はまさにベルリン・バレエの世界。SHOKOさんのひとつひとつの動き、感動するほど美しかったです!
※その後彼女のオメデタを知りました。産休前の彼女の輝く踊りを見られて幸せだな~:)

全体的にコンテの比重が高まってきていることを実感させられたり、本当にガラと呼ぶにふさわしい、華やかで見応えのある素敵な公演でした。mikaちゃんと「日本の宝だねぇ」「ほんとにねぇ」などどと言いながら軽やかな気分で会場を後に。スポーツ同様、芸術分野でももっと国・企業が関わっての支援が必要だと思います。もっともっと世界に通用する素晴らしいダンサーが育っていくために。

【出演者・演目】
galaB.jpg






















管理者にだけ表示を許可する



| HOME |


Design by mi104c.
Copyright © 2017 ハミングバード, All rights reserved.




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。