上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。






20101205603 (380)2
20101205603 (382)2
20101205603 (383)2
20101205603 (388)2
20101205603 (384)2
20101205603 (393)2
20101205603 (403)2

ブランデンブルグ門からペルガモン博物館へ。 
目玉のひとつ、ペルガモンの大祭壇は、紀元前2世紀にペルガモン王国の首都であった
ペルガモン(現:トルコのベルガマ)に建てられたもの。ペルガモンの遺跡はトルコに現存して
いますが、大祭壇や数々の彫刻や美術品はこちらの博物館に収められ、ヘレニズム文化が
栄えていた頃の様子を今に伝えます。しかし、確かに発掘・復元作業を行ったという功績が
あったとしても、やはり他国の文化的、芸術的に価値ある遺産がばーんと展示されていると、
何だかなぁと思わずにはいられなかったり。
規模で言ったらMETかなと思ったりもするけど、十分な空間を使った陳列の仕方などは
すっきりしていて見やすい。外観もかっこいいし。イスラム文化については、現地の美術館、
遺跡をもういいです,,,というくらい観てるので目新しくはなかった。
個人的には特別展の見せ方が非常に面白いと思った。





















管理者にだけ表示を許可する



| HOME |


Design by mi104c.
Copyright © 2017 ハミングバード, All rights reserved.




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。