上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。






20101205603 (588)2
20101205603 (590)2
20101205603 (591)2
20101205603 (592)2
20101205603 (593)2

この夜はバレエの公演に行く予定だったので、早めに夕食をとってしまうことに。
バウハウスから、雪の中をてくてく歩いてヨーロッパセンターというショッピングセンターへ。
キウイが以前出張時にお客さんと行って美味しかったから、という理由で連れて行かれた
バイエルン料理のレストラン、そこはかとなく場末感が漂うショッピングセンターの奥にある為
若干の不安を感じて入口から地下に下りていくと。大雪+時間が早かったこともあり、
他には2組くらいの家族が食事をしているのみ。きちんと区切られたゆったりした席なので
なかなかコージーな雰囲気。ルフトのキャビンクルーのように体格が良く、愛想のない
おばちゃんがラブリーなコスチューム(バイエルンの民族衣装?)着て働いてるのも可愛い。
ドイツと言えば「Eisbein(豚脛肉の塩茹で)」なんだろうけどキウイ曰く「(私は)多分好きじゃ
ないはずだから」と「Knusprige Schweinshaxen=Crispy pork knuckle」をオーダー。
骨付きの豚の脛肉をオーブンでローストしたものだそう。
肉の塊にナイフが突き刺さったままサービスされる豪快さ(笑)
すごい勢いでキウイがさばいて、こことここを食べろとお皿に放り込んでくれるので
言われるままにいただくと、これが思ってたよりずっと美味し--い♡ 外がクリスピーで、
中は柔らかくとってもジューシーでした。ビールとの相性も抜群!! 私はバレエで寝てしまう
のを避ける為キウイのをちょっともらった程度だけど、さすがに本場!美味しかった:)
デザートにはNYのドイツ料理レストランでもよく出てたラズベリーシチューのパフェのようなもの。
あたたかいラズベリーソースと甘くないホイップ、冷たいバニラアイスを混ぜていただきます。
おしゃれなレストランとかではないけれど、料理は美味しいし、ウェイトレスのおばちゃんは
愛想ないけど性格良さそうだったし、とても居心地よくて満足しました。

BAVARIUMHP※やたら陽気な音楽が鳴り出すので注意





















管理者にだけ表示を許可する



| HOME |


Design by mi104c.
Copyright © 2017 ハミングバード, All rights reserved.




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。