上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。






Midnight_Paris_poster.jpg



ウディのパリを舞台にした最新作!ゴッホの「星月夜」にパリの風景と主演のオーウェン・ウィルソンが
溶け込んだポスターがすごく印象的で期待が膨らむばかり。あらすじだけ先に知ってしまうと
ファンタジーっぽい要素が強いのかなと思っていたけど、そこはさすがウディ。
絶妙に時間軸を行き来し、主人公同様すごく自然にその波に乗ることができました。
見どころである1920年代のゼルダ&スコット・フィッツジェラルド、ヘミングウェイ、ダリ、ピカソ・・そして
ベル・エポック時代のロートレックやドガなど。次々と当時の芸術家達が登場してくる面白さ、
彼らが活躍していた頃の活き活きとした社交場の空気。
一方で現代、婚約中のふたりの価値観の違いなどの描写にウディらしい風刺が効いていました。
主人公が夢?妄想?想像力?の世界に紛れこむ転換の役割を担う街角の場面は、
石畳に古い建物が立ち並ぶパリの街角~マレ地区みたいに細い小道の角をひょいと曲がると
人通りに誰もいなくて、昼でも何だか不思議なとこに迷い込んでしまったようなあの感じ。
確かにそこにはエアポケットのようなものが存在してもおかしくないような気分を思い起こさせます。
脇役陣もとっても豪華。ダリをエイドリアン・ブロディ、ピカソの愛人をマリオン・コティヤールが
演じていたりで、楽しませてくれました。(ミュージアムのガイド役でカーラ・ブルーニも出演)
ただの会話のシーンが有名な絵画をモチーフにしていたり、当時の芸術家達が次々と登場
して話が展開していくので、それらの知識があった方がより深く楽しめるのは間違いないけれど、
とにかくパリの街並みがとっても美しくて、特にパリに思い入れのない私でも
古き良きパリの空気、エスプリが心地よく感じられる素敵な映画でした♪

しかし、「Hangover2」は非常にわかりやすくて問題ないけど「Midnight in Paris」は..
ウディ作品だけに覚悟していたもののやっぱり会話の理解度,,実質7割がやっとです;;
ちなみにちょうど公開日だった「Hangover2」はやはりオリジナルほどのパンチは感じられ
なかったけど、タイを舞台にしたのは良かったし、相変わらずザック・ガリフィアナキスが
映りこんでるだけで笑えました。しかし、指の描写だけは~。
朝から「Hangover2」→友人とのランチ→午後はBDCでのレッスン→夜は
「Midnight in Paris」☆・・と大満足のメモリアルデーでした:)

HANG-popup.jpg
hangover_main.jpg





















管理者にだけ表示を許可する



| HOME |


Design by mi104c.
Copyright © 2017 ハミングバード, All rights reserved.




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。