上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。






先日行ったランチ@ぎんざ泥武士
「お野菜のランチ(with発芽米)」を頂きました。
前菜のサラダで新鮮なレタスをもぐもぐ。色んな種類の野菜の小鉢は、どれも優しい
味付けで美味しかったです♪野菜だけでも十分すぎるくらいおなかいっぱいに。

ランチの後はアンリへ移動してコーヒーと「泡雪(パッションフルーツのムースケーキ)」。
+ハイビスカスティーも追加して、のんびりおしゃべり。

この日ご一緒したのは以前からお会いしたいなぁと思ってたonzeさん
センスの良さはブログからも伝わってくるところだし、某所でも
そのキレイっぷりは絶賛されてたけれど。実際お会いしてみるとそれ以上!
そんなモデルさんみたいな外見とはウラハラに、話すことはいちいち面白いし、
「へへへっ」っていうやけに気の抜けた笑い方が個人的にツボでした(笑
お話聞いてると旦那さんも相当いかした感じで、周りを和ませるお似合いの
ご夫婦なんだろうなと推察されます。

最後会計の際にレジの男の人がものすごくしょーもないことを言ってて
やりきれずに私は適当~な合いの手を入れてしまったのだけど、、
onzeさんは華麗に無視してはってそんな素敵なところも見習いたいなと思いました。

diary 001 (2)

リサ・ラーソンのミニライオンの置物後ろ姿の尻尾もめちゃくちゃ可愛い
粋更の手紡ぎコットン食器洗い+メゾンドショコラのオランジェット、と何とも
嬉しい詰め合わせを頂いてしまいました。また美味しいもの食べに行きましょうね♪
diary 105 (2)


diary 012 (2)






とても居心地のよい器屋さんです。
お店のご主人がいい意味で放っておいてくださるので
じっくり自分のペースで器を見ることを楽しめます。
もちろん質問したら丁寧に説明してもらえるので
非常に気持ちよくお気に入りの一品を選ぶことができます。
料理と器の組み合わせ、が見た目にも優しいですよね。

ただ今、急須と土瓶を捜索中。
一番に目に飛び込んできたのが余宮 隆さんのこちらの土瓶。
九州の作家さんと聞くと余計に気になる。

KYOTONARA 053 (2)

最近は蓋がフラットのデザインが人気だそうで。
KYOTONARA 065 (2)


KYOTONARA 087 (2)

宮岡さんの蕎麦猪口、小鉢。
KYOTONARA 061 (2)


この日は宮岡さんのお花の小鉢と箸置き、余宮さんのピッチャーと蕎麦猪口。
李朝時代の雰囲気を再現したという志村さんの小皿を購入。
蕎麦猪口は側面がすとんとした形(円柱?)でなくて傾斜がついてるタイプだと
料理も盛り付けやすくて汎用性があるそうです。

今度は蜂蜜買いに行こう。

うつわの手帖[1]お茶   日野 明子

206.jpg

一気に読むのがもったいなくて就寝前にベッドで1項目ずつ読んでます。
初心者にも分かりやすいし、見ても読んでも楽しめる、良書。
物を減らすといいながら、気になる(丁寧に作られた感のある)本はついついほしくなりますね。






家具を見て回るついでに、ちょこちょこ覘いていた器(ウツワ)屋さん。
素材も焼き物だったり木だったり、それぞれに表情があって違うから
実際に見て、触って、感じるものがある作品に出会えるかな?っていう
ワクワク感。自分の好きの方向性も改めてよくわかります。
東京だけでなく、旅先でも。ちょっと足を伸ばして窯元を訪れてみれば
愛着もよりいっそう。

SHIZEN
2F部分はカフェ。こんな大きな窓のある家(緑が見える)に住みたいなー。
KYOTONARA 037 (2)

KYOTONARA 032 (2)

うつわ楓

ZAKKA

うつわ祥見

ZAKKA 土の記憶

土庵

百福

桃居
お店の前にあった傘立て。傘立て探し中につき思わず注目。
KYOTONARA 089 (2)

KYOTONARA 091 (2)






友人宅で使われてたお皿を目にしたのをきっかけに、知った作家さん。
見れば見るほど可愛らしくて、いっぺんで虜に!

GWは前半で部屋の片づけを終えられたので
後半は初日に宮岡さんの作品が出品されるというOZONEクラフトマーケットへ。

ozonemm.jpg
(画像はHPからお借りしました)

ご本人にも会えて、お話を聞きながら色々器を見せてもらいました。
どれもこれも欲しくなってしまうけど、これから少しずつ集めていくのが
また楽しみになるのだから、とこの日は厳選して蕎麦猪口を2つ購入。

彼女の作品は色合いやモチーフが本当に可愛らしくて。
少し淡い感じの絵付けや判を押して滲ませたという作品は何とも味わい深い。
先週京都に行く機会があったのだけど、骨董品屋さんで扱ってる江戸時代中期とかの
お皿でも似たようなものによく出会った。アンティークのお店はもちろん素敵だけど、
値段も豆皿で1万以上、とおいそれとは手が出せませんし。。

同時代を生きてる作家さん達の作品、これを機会にお気に入りを
ちょっとずつ集めて、生活の中でどんどん使っていきたいです。

宮岡さんは作品の器たち同様、穏やかで優しい空気に包まれた
女性でした。人柄や思いって本当に作品に滲み出るんだなぁ~。

この日はついでにキウイがまだ行ったことないっていうんで、
NYグリルでシャンパンブランチ。当日だったけど結構あっさり予約できて
ラッキーだった。もちろん美味しくて、満足。キウイはラムチョップ頼んでて
シャンディーズの方がうまいーゆうてましたけど。

雨が降ってきたのでコンランでSamsoniteのブルーの傘と
「Irma At Sex And The City」のCD購入。
キャリーとか傘とか、そういう類のアイテムは男の人が持っても違和感のない
デザインとか色味が好きです。
SATCは映画公開ももうすぐなので楽しみ♪(Mちん一緒に観に行こうね!)

その後はLiving Motif行って、閉店間際にSOVOIR VIVREで以前から欲しかった
正木春蔵さんの器(ラストだった)と、菜箸を購入。

6644971.jpg
(画像はサボア・ヴィーブルHPからお借りしました)
購入したものたちは、そのうち写真撮って載せていきますね。







Prev | HOME |


Design by mi104c.
Copyright © 2017 ハミングバード, All rights reserved.




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。